目に負荷をかけないために

カラコンに限らず、コンタクトレンズを目につけるとどうしても目に負荷をかけてしまいやすいです。以前は度なしのカラコンに対して特別な規制が設けられている事はありませんでしたが、度なしのカラコンにも医療機関で検査を受けてから利用するなどの規制が設けられたのは、目のトラブルが増えたからというのが大きな理由です。そのため、度の有無は関係なしに、安全に使用するためには必ず眼科で検査を受ける様にする事をおすすめします。

その際、目のカーブを調べてもらうほか、目の疾患がないか、涙の量やコンタクトの相性などを調べてもらい、安全に使用できるか確認してもらう必要があります。また、目に特に異常を感じていなくても、定期的に検査を受ける事も大切です。自分ではなんとも無いと思っていても、実は目に異常をきたしている事があるため、油断していてはいけません。

レンズに傷がついていたり、目にコンタクトによって異常が起こっていたりする可能性は少なからずあります。コンタクトを誤って使用したり、疾患を起こしていたりすると、最悪の場合は失明してしまうおそれがありますので、カラコンとはいえ、安全に使用できる様に十分な情報を得ておく事をおすすめします。