清潔を心がける

カラコンを使用することにおいて、何よりもまず清潔に保つことがとても大切です。まず、カラコンをつけたりはずしたりする際についてですが、必ず手と指を清潔にする必要があります。爪は短く切っておき、レンズに触る前には石鹸で手と指をしっかり洗っておきましょう。

手を不衛生な状態にしておくと、カラコンに菌が付着してしまい、雑菌が繁殖してしまうおそれがありますので注意が必要です。また、カラコンに触る際には、水道水がレンズに付着しない様に注意するのが欠かせません。水道水はレンズを変形させたり、感染症を起こしたりする原因となるため、洗浄液や保存液のみで作業を行う様にしましょう。

次に、カラコンを使った後は毎回綺麗に洗浄する必要がありますが、それとは別に定期的にタンパク除去も行っておくと良いです。これは2週間に1度くらいのペースで問題ありません。タンパク除去のやり方ですが、レンズを保存液が入っているケースにしまい、その中にタンパク除去剤を入れます。その後、4時間など、説明書に記載されている通りの時間を待ちます。時間が経過したらレンズを洗浄液でしっかりすすぎ、改めてケース内に保存液とレンズを入れてタンパク除去が完了となります。フォーチュンコンタクト